スーパーローテーション

最近のテトリスにはスーパーローテーションと呼ばれる仕組みが備わっているものが多くあります。

以前のテトリスではブロック(テトリミノ)を回転させようとしたとき、回転後のブロックピースの位置に壁や既に積まれているブロックが存在した場合、壁やブロックどうしが重なってしまうため、回転させられないようになっていました。

しかしそれでは、壁よりの位置やブロックが多く積まれた状態では思うようにブロックを回転させることができず、プレイヤーの意図どおりに操作できないことが多々ありました。

そのような操作性を改善するため、ブロックの回転方向に壁や他のブロックがあった場合、それに重ならないように、その状況に応じて回転軸が移動するというシステムを導入したテトリスがいくつか存在します。


スーパーローテーション


スーパーローテーションとは、上のアニメーションのように、回転軸を移動させてブロックを回転させることを言います。 SRS(Super Rotation System)と略されて呼ばれることも多いです。
このシステムを利用して、通常では置けないようなすき間にブロックをすり抜けさせなどの変則的かつ強引なテクニックが存在します。


ただし、スーパーローテーションが発生する条件などはかなり複雑になっており、テトリスによって少し異なってくるものもあります。

※当サイトで公開しているプログラムはスーパーローテーションには対応していません。