ブロックの回転パターン

棒ブロック回転パターン

『棒』は縦と横の2種類の回転パターンを持ちます。
単純明快なブロックと言えます。
(ただし、回転軸がずれている点に注意しなければならない場合もあります。)
L

Lブロック回転パターン

『L』は4種類の回転パターンを持ちます。
反時計回りに回転します。
『逆L』と混合してしまわないようにイメージを深めておきましょう。
逆L

逆Lブロック回転パターン

『逆L』も『L』と同じく4種類の回転パターンを持ちます。
反時計回りで回転します。
『L』しか置けないところに置けると勘違いしてしまうケースが多々あるかと思います。
どのような回転パターンがあるのかを瞬時に判断できるようにすることが上達につながります。
Z

Zブロック回転パターン

『Z』は2種類の回転パターンを持ちます。
すき間を作ってしまうブロックですが、『逆Z』と組み合わせることでキレイな形に収まります。
逆Z

逆Zブロック回転パターン

『逆Z』も『Z』と同じく2種類の回転パターンを持ちます。
『Z』と『逆Z』がテトリスの曲者のブロックと言えるでしょう。

凸ブロック回転パターン

『凸』は4種類の回転パターンを持ちます。
曲者なブロックが作るすき間を埋めるのに最も役立つブロックです。
このブロックに助けられることは多々あるでしょう。